Top >  高麗人参の成分 >  高麗人参とサポニン存在箇所

スポンサードリンク

高麗人参とサポニン存在箇所

根以外にも、花蕾・果実などに比較的多く含まれている高麗人参のサポニンですが、根の部分だけをとり考えてみると、根の周皮に最も多くあり、次にわずかですが形成層の外側の師部に存在しています。
またほとんど存在しないのが、形成層の内側の木部や髄ということが明らかにされているそうです。
根が細くなればなるほど、サポニン含有量が増加するようです。
側根のひげ人参は、昔から鎮静剤として用いられてきました。
それは、主根よりdiol系サポニンの含有率が高いということからのようです。
サポニンの含有量から見ると、太い人参は品質がよいとはいえないそうですが、多くの成分が理想的な形で含まれているそうです。
ですので、全根を用いたほうが有効成分のバランスがとれていて良い、と一般的にはいえると思います。

 <  前の記事 高麗人参と22種類のサポニン  |  トップページ  |  次の記事 人参サポニンと季節との関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。