Top >  高麗人参の成分 >  高麗人参とサポニンとの関係

スポンサードリンク

高麗人参とサポニンとの関係

ステロイドやトリテルペンに糖が数個結合した化学構造を持つ天然物のグループ名のことを、サポニンといいます。
このサポニンは大きく2つに分けられていて、ステロイド系サポニンとトリテルペン系サポニンに分かれています。
またサポニンは、界面活性剤の一種とも言えます。
例えば、サポニンを水に溶かした水溶液を振ってみると、石鹸のようななかなか消えない持続性のある泡がたちます。
ですので、泡だつ性質をもつ成分につけられた総称ともいえるそうです。
高麗人参には、意外にもサポニンが比較的多く含まれています。
高麗人参のサポニン含量は、栽培年数や調整加工法などの違いによりかなり異なってくるそうですが、人参サポニンが葉、花蕾、果実などにも比較的多く含まれています。
特にtriol系サポニンが、高麗人参葉や花蕾には多く含まれています。

トップページ  |  次の記事 高麗人参と22種類のサポニン  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。