Top >  高麗人参の成分 >  高麗人参と22種類のサポニン

スポンサードリンク

高麗人参と22種類のサポニン

現在白参から単離され、構造決定されているのは、22種類のサポニンになります。
最も多く知られているのは、5環性のオレアナン系トリテルペンに糖が結合したものですが、これはトリテルペン系サポニンです。
薬草の有効成分として知られているサポニン(キキョウ、カンゾウ、サイコ、オンジ、セネガなど)は、すべてこの系列のサポニンだそうです。
人参サポニンと同じくG-Roが含まれています。
しかしそれ以外は異なり、人参は4環性のダマラン系トリテルペンに糖が結合した構造を持っています。
この4環性のダンマラン系は、ステロイド骨格に似ていて、プロトパナキサトリオール系とプロトパナキサジオール系に大別されます。
プロトパナキサトリオール系は7種あるそうです。
またプロトパナキサジオール系は14種あり、その中でも極めて水に溶けやすいマロニルG-Rb1、Rb2、Rc、Rdは、白参特有成分だそうです。

 <  前の記事 高麗人参とサポニンとの関係  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とサポニン存在箇所  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。