Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参と人参七効説?

スポンサードリンク

高麗人参と人参七効説?

人参七効説の六番目は「健脾止瀉」。
胃腸を強くして下痢を止めることをいい、下痢、便秘、胃腸病、食欲不振にいいそうです。
そして七番目は「扞毒合瘡」。
これは、毒を排除してできものを治療するということをいい、高麗人参は皮膚の荒れによいということをいいます。
生体の全般的な抵抗力を増大させ、生体機能を強化する作用を持っている高麗人参は、適応素(アダプトゲン)と総称される薬物です。
疾病の治療や予防に有効とされているのが、このアダプトゲンです。
むかしの書物にもその効能が書かれている通り、高麗人参はむかしから利用されていました。
例えば、名医別録には、血行を良くする「通血脈」と記されています。
また本草綱目という書物には、血行改善作用があることから、強壮補血薬として虚弱体質や冷え症の治療に用いられると書かれています。

 <  前の記事 高麗人参と人参七効説?  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と循環器系に対する作用  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。