Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参と人参七効説?

スポンサードリンク

高麗人参と人参七効説?

昔から中国には、人参七効説というものがあるそうです。まず一番目は「補気救脱」。
これは虚脱を救い元気を補うことをいいます。
つまり高麗人参は、体力増進・疲労回復にいいということです。
二番目は「益血復脈」。
これは低血圧、心臓の弱さ、貧血などに良いということになり、血液を作り脈脱を復活させることをいいます。三番目は「養心安神」。
これは心を養うことにより、精神を安静させることをいいます。
高麗人参は、自律神経失調やノイローゼに良いようです。四番目は「生津止渇」。
津液を生成し渇症を止めるといわれています。
高麗人参は糖尿病にもよく、身体の渇きを癒す効果があるそうです。
そして5番目は「補肺定喘」。
これは高麗人参が、喘息や肺結核にいいということを言い、これは肺を補し、喘息を止めることをいいます。

 <  前の記事 高麗人参と甘味(糖質)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と人参七効説?  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。