Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参七効説(補肺定喘)

スポンサードリンク

高麗人参七効説(補肺定喘)

肺の力を強め、呼吸器を強化し、空気中の悪いものをタンとしで体外に吐き出す浄化能力を高め、喘息をとめるという意味になるという、高麗人参七効説の補肺定喘。交感神経が緊張し、バランスを崩すことによりあらわれるのが、喘息・カゼ嘆といった症状です。
また、交感神経の緊張が継続し、免疫力が低下することによって起こる呼吸器系の機能不全のことを、結核といいます。
呼吸器系の機能を強くし、免疫力を向上し、交感神経の緊張を緩和するカがあるのが、高麗人参なのです。
ここである実験を紹介します。
マウスに異物を接種すると、肺組織が損傷したそうです。そこで人参エキスを併用投与することにより、正常なレベルにまでLPSによる肺組織の損傷が抑制されることが明らかになったそうです。
高麗人参には補肺効果があるということを、この結果があらわしています。

 <  前の記事 高麗人参七効説(健脾止瀉)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参の効果と健胃作用  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。