Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参七効説(健脾止瀉)

スポンサードリンク

高麗人参七効説(健脾止瀉)

胃や腸などの消化器が強くなり、食べ物に含まれる自然のエネルギーを効率よく吸収し、下痢や便秘を止めるという意味があるという、高麗人参七効説の健脾止瀉。
新陳代謝の低下は、消化能力の低下を招いているともいえ、これは代謝・排泄系の機能が低下することにより、軟便傾向、便通不定、胃腸虚弱、腹冷痛などの症状を起こしてしまいます。
また、交感神経が緊張すると便秘になり、反対に副交感神経が優位になると軟便になります。
代謝、排泄機能を向上させるには、高麗人参を飲用するとよいそうです。
また内分泌系の分泌を抑制し、血流を良くすることにより、全体的に消化器系の機能が強化されます。
わかりやすく言うと、交感神経と副交感神経は、車のアクセルとブレーキーみたいなものです。
交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれるのが、高麗人参というわけです。

 <  前の記事 高麗人参七効説(生津止渇)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参七効説(補肺定喘)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。