Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参七効説(生津止渇)

スポンサードリンク

高麗人参七効説(生津止渇)

津液を生じ体内の渇きを防ぐという意味があるという、高麗人参七効説の生津止渇。
血液が汚れることにより身体は渇き、その結果糖尿病になります。
このなかには、体内の渇きを防ぐということは糖尿病を防ぐ、という意味が含まれているそうです。
新陳代謝の低下により神経系のバランスが崩れると、代謝機能が低下し、その結果水分代謝が悪くなります。
そうなると乾燥症状が起こり、声枯れ、乾燥咳、口渇、熱感、乾燥肌などといった症状が現れてきます。
このなかでも、糖尿病患者に特有の症状だといえるのが口渇です。
代謝を改善させることにより血行を促進し、これらの症状を改善してくれのが、高麗人参なのです。
インスリン作用が不足することで、慢性的に高血糖のあらわれる病気のことを、糖尿病といいます。
長期間にわたる代謝異常および高血糖は、網膜症、動脈硬化、腎症、神経障害など特有の合併症状を引き起こす原因にもなります。

 <  前の記事 高麗人参七効説(養心安神)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参七効説(健脾止瀉)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。