Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参七効説(補気救脱)

スポンサードリンク

高麗人参七効説(補気救脱)

気を充実させ生命力を高めることにより、病気を治す力が出てくるという意味を持つであろうと考えられている、高麗人参七効説の補気救脱。
そういうことから考えても、補気救脱は内分泌系・代謝系・神経系を軸として見た効能といえると思います。
また、倦怠感・体力低下・疲労・老化などが適応症状としてあげられます。
いずれの症状も、交感神経・内分泌系の亢進と、代謝系の新陳代謝が低下して生じる症状です。
体内のエネルギーの蓄積を過労により使い果たすと、疲労が溜まるようになっているそうです。
人間は、活動するために体内でアクセルを踏みます。
アクセルを踏むことにより、内分泌系のホルモンが分泌されます。
すなわち、活動のスイッチが入いるようになるのは、副腎皮質から分泌されるホルモンによって行われるといってもいいかもしれません。

 <  前の記事 高麗人参七効説(托毒合瘡)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参七効説(養心安神)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。