Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参七効説(托毒合瘡)

スポンサードリンク

高麗人参七効説(托毒合瘡)

体内の毒が消され傷を癒すという意味をもつ、高麗人参七効説の托毒合瘡。
抗ガン剤などのように、強い薬を体外に排出してくれる働きがあるのが高麗人参です。
ですので高麗人参は、ガンなどの治療に有効だと思います。
また托毒合瘡の意味は、皮膚などにたまった毒素を出すという意味をもっていると思います。
副交感神経の機能低下によってもたらされる新陳代謝のうち、托毒合瘡は再生という言葉に当てはまるかと思います。
つまり皮膚下層の新陳代射の低下による皮膚病、シミ、ニキピ、肌荒れなど、代謝系や排泄系または解毒が低下することにより起こる症状です。
つまりこの症状は、副交感神経の機能が低下していることから生じているのではないかと思います。
この低下した代謝系を元に戻し、神経バランスを整えてくれるのが、高麗人参なのです。

 <  前の記事 高麗人参七効説(益血復脈)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参七効説(補気救脱)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。