Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参七効説(益血復脈)

スポンサードリンク

高麗人参七効説(益血復脈)

高麗人参を服用すると、心臓が強くなり血液の働きがよくなる、血液を浄化することによって脈も正常になる、というのが、高麗人参七効説の益血復脈の意味になります。
また神経系・循環器系を軸として観た効能といえるのが、益血復脈です。
どの症状も循環器系の新陳代謝が低下して生じる症状ですが、血行不良・貧血・動悸・不整脈などが、適応症状としてあげられます。
自律神経の支配を受けている循環器系。
交感神経が緊張することにより、血管が縮小し、心臓の鼓動が速くなります。
血管が拡張し血行がよくなるのは、副交感神経が盛んになるからです。
神経系のバランスが崩れることにより、副交感神経よりも交感神経が強く働いた状況が長く続くと、心臓に作用して心筋が収縮し、心拍数の増加から動悸を起こします。また脈のばらつきから、不整脈を引き起こしやすくなります。
そして血管に作用し、血管が収縮することにより、血行不良が起きやすくなります。
更に血行不良の結果、血液を造る骨髄造血機能が低下してしまい、貧血を起こしてしまうのです。

 <  前の記事 高麗人参と中国最古の薬物書(神農本草経)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参七効説(托毒合瘡)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。