Top >  高麗人参七効説 >  高麗人参と中国最古の薬物書(神農本草経)

スポンサードリンク

高麗人参と中国最古の薬物書(神農本草経)

神農本草経という本は、中国最古の薬物書ともいわれています。
薬物を上中下の三品に、効能にしたがって分類しています。
その中で上薬の筆頭にあげられているのが、高麗人参です。
命を養い、不老延年を日指して服用する薬物、これが上薬とされています。
その筆頭に高麗人参はある訳ですから、漢方の王様といわれるのもわかりますよね。
また高麗人参には七つの効能がある、とその後の臨床経験からいわれるようになったそうです。
この七つの効能を、高麗人参七効説と言われています。
万能薬といわれている高麗人参ですが、人間には個人差があります。
ですので、それを考慮しながら飲用するのが、正しい飲用といえると思います。
その人の症状を把握し、その人その症状に合わせて適切に処方されてきたからこそ、高麗人参が何千年ものあいだ珍重されてきたといえるのではないでしょうか。

 <  前の記事 高麗人参と安全性  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参七効説(益血復脈)  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。