Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と循環器系に対する作用

スポンサードリンク

高麗人参と循環器系に対する作用

頭痛、めまい、肩こり、冷え症などの自覚症状の改善にいいといわれているのが、高麗人参の循環器系に対する作用です。
末梢抵抗の減少作用や末梢血管の拡張作用により、血行を改善するそうです。
また血色不良、血液像の回復、血色不良、貧血症、リウマチにも良いそうです。
骨髄機能を促進させ、ヘモグロビンを多くもった正常な赤血球をつくる能力を回復させる働きがあります。
そのうえ、鉄分を比較的多く含んでいるのが高麗人参です。
ですので高麗人参は、心筋梗塞、血栓症、脳血栓の治療や予防にも良いようです。
また過酸化脂質の生成を抑制する働きがある高麗人参は、血栓を防ぐ役目をもつプロスタサイクリンの生成を抑制する働きをもつようです。
ですので、抗トロンビン作用により、血小板の異常な凝集を抑制します。
その他にも、フィブリン形成を抑制するウロキナーゼ活性(血栓溶解剤)を増強して、血栓を分解し溶解する、そしてマクロファージの機能を高め、血栓症を防ぐという働きもあります。

 <  前の記事 高麗人参と人参七効説?  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とその作用  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。