Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と生活習慣病の原因(コレステロール)

スポンサードリンク

高麗人参と生活習慣病の原因(コレステロール)

コレステロール、これこそが一番大きい生活習慣病の原因といえます。
コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。
なくてはならないものが善玉コレステロールですが、それとは反対に、悪玉コレステロールは動脈硬化のもとといえるかもしれません。
悪玉コレステロールの量が増えてくると、血管の壁に入りこみ溜まってしまうので、血管の弾力性が失われていきます。
そうなると動脈硬化になりやすくなってしまうのです。一方、悪玉コレステロールを細胞壁からはがす働きがあるのが善玉コレステロールです。
結果、サラサラの血液になるのです。
日々バランスのとれた食生活をすることが、善玉コレステロールを増やすためには必要不可欠です。
血液中に必要以上に含まれる中性脂肪やコレステロールを分解し排泄する作用、たんぱく質の多い善玉コレステロールを増やすという2つの作用を持っているのが、高麗人参なのです。

 <  前の記事 高麗人参と冷え性や貧血の関係  |  トップページ

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。