Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参の効果と健胃作用

スポンサードリンク

高麗人参の効果と健胃作用


代表的な高麗人参の効果として、健胃作用があります。高麗人参は、胃腸炎、慢性の下痢、慢性の便秘、食欲不振などの症状に効果があるといわれています。
効果があるといっても一時的に症状を抑えるのではなく、体の細胞の基礎となっている脂質、核酸、たんぱく質の合成を促進してくれ、胃腸の細胞には栄養を与えてくれます。
更には、細胞を賦活し正常な状態にまで戻してくれるのです。
また他にも証明されている効果があります。
それは、胃潰瘍の予防や治癒にも効果があるということです。
人参サポニンの中にあるRbc系のサポニンには鎮静作用があり、神経衰弱や不眠、ストレス潰瘍を改善してくれます。
これらの症状を改善してくれるように期待できる有効な人参サポニンは、皮部に近い層を用いることや、少なくても土の中で4年以上育った4年根以上の高麗人参であるということが必要だそうです。

 <  前の記事 高麗人参七効説(補肺定喘)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と冷え性や貧血の関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。