Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と中枢神経系に対する作用

スポンサードリンク

高麗人参と中枢神経系に対する作用

中枢神経系に対する作用がある高麗人参。
ごく一般的な薬だと、鎮静剤は鎮静し、興奮剤は興奮するというのが当たり前です。
しかし高麗人参の良いところは、興奮剤になったり鎮静剤になったりと、その症状に応じて変化することができるのです。
人参の少量投与は興奮作用を示し、大量投与は鎮静作用を示しています。
これは高麗人参に含まれているたくさんのサポニンによるもので、サポニンの中に含まれているRbおよびRcは鎮静作用を示し、Rgは興奮作用を示しているからです。
不定愁訴を改善する働きもあり、脳内のカテコールアミン量を増加させることにより、自律神経中枢の機能を正常化することが出来るそうです。
学習活動および記憶力の増進、各器官のストレス反応の適応力の増進など、人参が脳活動を強化しているのです。ですので、受験生など勉強をされている方には、高麗人参はとてもオススメできる飲み物だと思います。

 <  前の記事 高麗人参と免疫系への働き  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と安全性  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。