Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と免疫系への働き

スポンサードリンク

高麗人参と免疫系への働き

免疫系に対しても有効な高麗人参。
白血球、マクロファージ、クッパー細胞を活性化し、免疫力を増強させてくれます。
また非特異的に細胞の耐性を増加させ、微生物感染に対する成功力を増加させてくれます。
そして人参サポニンや多糖に対して、抗体生産促進効果や食菌作用もあります。
サポニン分画よりも非サポニン分画のほうが大きい、抗体産生増強作用。
ガン細胞の成長抑制、ガン発生抑制、ガン組織を破壊する働きをもっています。
その他にも、ガン細胞の再分化誘導現象(脱ガン現象)がみられており、解毒作用(グルクロン酸抱合)があります。
細胞の増殖を促進させ退化を遅延し、一般的な老人の抵抗と気力減退状態を改善する効果があります。
またトキソホルモンL(分子量7万)の作用を抑制してくれることにより、ガン患者の衰弱症状を改善する働きももっています。

 <  前の記事 高麗人参と消火器系への働き  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と中枢神経系に対する作用  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。