Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と消火器系への働き

スポンサードリンク

高麗人参と消火器系への働き

消化器系に対しても有効な高麗人参。
胃もたれ、食欲不振、胃腸虚弱、胃潰瘍の治療や予防にもいいようです。
最近の胃薬は、ほとんどが無理やり胃液をストップするものです。
長期的に服用すべき薬ではなく、胃に炎症がある場合は有効なこともある、というのが薬にすぎません。
胃の炎症が回復したときには、すぐにでも胃薬の服用を中止するべきだと思います。
それに比べて、高麗人参は中庸的に働いてくれます。
胃の働きを活発にし、異常な胃液分泌を抑制してくれます。
また正常な人に対しては、胃の血流を促進し、また胃の働きを活発にする。
そして胃下垂による胃のもたれや消化不良、ゲップなどを取り除く働きがあります。
消化器系疾患の攻撃因子を取り除くことにより、胃粘膜の血流量を増大させ、胃粘膜の修復機能を高める作用がある、これが高麗人参なのです。

 <  前の記事 高麗人参と身体の作用との関係  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と免疫系への働き  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。