Top >  高麗人参の効能 >  高麗人参と代謝系

スポンサードリンク

高麗人参と代謝系


代謝系に対する作用として、動脈硬化症の改善や高脂血症にいいといわれている高麗人参。
それは高麗人参が、血中コレステロールの分解や排泄を促進し、脂質代謝に関連する酵素を活性化させて、脂質や総コレステロール量などを低下させるという働きをもっているからです。
またその他にも、血中中性脂肪の脂肪細胞への取り込みを促進させ、血中中性脂肪を減少させるという作用が働きます。
高麗人参は脂質代謝に効果があり、その例として、コレステロール吸収及び移動促進作用、脂肪吸収促進作用、脂肪酸及びコレステロール代謝促進作用などがあげられます。
また他の改善効果としては、HDL-コレステロール、血清コレステロール、過酸化脂質の改善効果があります。その中でも特に、Rb2が強力だそうです。
そして高麗人参には、動脈硬化を起こしている部分の異常な細胞増殖を抑制する作用があります。

 <  前の記事 高麗人参とその作用  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と身体の作用との関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の効能を探る」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。